ビタミンd,b,b1,b12の作用について

皆様おはようございます。Healthy Bodyパーソナルトレーニングジムです。最初にビタミンDについてご案内致します。ビタミンDは、カルシウムの吸収を高める作用があります。

骨格や歯の発育促進などが期待できます。特に動物性のビタミンDは、ビタミンD3でサケやマグロ、サバ、レバーに多く含まれています。植物性のビタミンDは、ビタミンD2で、キノコ類に多く含まれています。ビタミンDを摂取して、カルシウムを摂取すると吸収率があがりますので意識していきましょう。続いて、ビタミンBについて説明していきます。まず、ビタミンB群は、水溶性ビタミンの為1度に沢山摂取しても尿中や汗で出ていくため毎日コンスタントにとって頂いても問題ないといわれています。B1は、糖質の代謝に働き、B2は、脂質の代謝に働き、B6は、たんぱく質の代謝にB12は、B6と同様にたんぱく質の合成やアミノ酸の代謝に働きます。B1が不足してしまうと、糖質がエネルギーに変換されにくくなる為疲労の原因になる可能性があります。B1に多い食品は、豚ヒレ肉や豚もも、そば、枝豆に多く含まれています。ビタミンB2は、脂質の代謝に関わるためダイエットをしている方は最も重要な栄養素になります。食品は、モロヘイヤやホウレン草、ぶり、さわら、ウナギなどに多く含まれています。ビタミンB12は、赤血球の生成にも欠かせない栄養素になります。多く含む食材は、カキ、あさり、サバ、ホタテ、あじなどがあります。他にも、パントテン酸、葉酸、ナイアシンなどがあります。パントテン酸について説明していきます。パントテン酸は、ギリシャ語で、いたるところやどこでもという由来からきてますので様々な食品に含まれています。パントテン酸が不足すると便秘や食欲がなくなったりする作用があります。次に、葉酸について説明していきます。DNAやRNAなどの核酸やたんぱく質の生合成を促進します。体の発育の為にも重要なビタミンです。主な食品は、枝豆や焼きのりアスパラガスなどがあります。最後に、ナイアシンの働きについて説明していきます。カツオやブリに多く含まれていてトリプトファンが多く含まれていることになります。トリプトファンは、不眠症やうつ病予防に良い食品と言われています。日々の健康は日々の積み重ねです。一日一日を少しでも健康を意識して頂ければ幸いです。

全ては、皆様の健康の為に。