痛みとは?

皆様おはようございます。

Healthy Bodyパーソナルトレーニングジムです。

目次

  • 1 痛みの生理学

    痛みは複雑な主観的な感覚で、その感覚の質と特徴の表し方は様々です。痛みの受け取り方を変化させる事である。

    痛みの軽減は重要な要素の一つです。

    痛みの受容器は、侵害受容器または自由神経終末でしられる。

    侵害受容器は、機械的刺激温度的刺激、化学的刺激に反応する。

    この受容器は、皮膚、骨膜、歯、骨膜などに存在する。

    求心性神経線維は、侵害受容器からインパルスを脊髄に伝導する。

    運動ニューロンといった遠心性神経線維は、脊髄からインパルスを末梢へと伝導する。

    1次求心性神経は、侵害受容器からの脊髄後角に伝導する。

    1次求心性神経は、Aα、Aβ、Aδ、そしてC繊維の4つのタイプがある。

    AαとAβ繊維は、繊維の直径が大きく、AδとC繊維は直径が小さい求心性神経です。

    AδとC繊維は、痛覚と温冷覚を伝達します。

    Aδ繊維は、皮膚に存在する侵害受容器から生じ、速い痛みを伝達する一方で、C繊維は、表層の組織、深部組織から生じ、遅い痛みを伝達する。

    2次求心性神経は、脊髄後角から感覚情報を脳へと伝達し、侵害刺激別に分類される。

    このように痛みの感覚は人によって違いがあり1次痛や2次痛などがある。

    小さい神経線維や大きい神経線維などわかれている。

    最後までブログをみて頂き有難う御座いました。