血圧下げる運動,食後の運動について

皆様こんばんは。Healthy Bodyパーソナルトレーニングジムです。血圧を下げる方法は、有酸素運動を無理のないように走ったり、ジョギングを30分~60分の間で行う事をおすすめ致します。また、減塩(男性9g、女性6g)を目標に心がけるという事と、お酒を飲みすぎないようにする事をお勧め致します。厚生省の調べによると、週2回以上1回30分以上1年以上継続して実施している方は、男性36,2%、女性は、24,9%と言われています。運動は週3回以上を推奨致します。約3割の方しか運動を行っていない部分があるので、この習慣を50%~60%増えていくと生活習慣病予防やロコモティブシンドロームの改善に繋がるでしょう。血圧が高い方は、降圧薬を飲まれているのかを確認する事が大事です。β遮断薬、ACE阻害薬、カルシウム拮抗薬、α遮断薬、ARBなど何を飲まれているかを確認し、いきなりの無酸素運動は控えた方がよいでしょう。無酸素運動をいきなりやると血圧上昇に繋がり頭が痛くなったり動悸がおこる事もあります。

血圧を下げる食べ物、血圧降下作用のある栄養素代表は、カリウムです。カリウムは、野菜、果物、海藻類に多く水に溶けやすいです。カリウムの含有量で特に多いのは、ホウレン草、アボガド、春菊などがあります。アーモンドやナッツ類は、血圧低下作用に効果がありますので意識して摂取していきましょう。血圧をあげやすい食べ物は、加工食品や脂質、糖質の多いものの食べ過ぎです。規則正しい食生活や、運動週3回以上、睡眠の質を高めて意識していくと血圧の調整ができるようになっていくでしょう。

最後に、食後の運動について解説していきます。筋力トレーニングの前は、おにぎり1個やバナナなど軽い糖質が必要です。それは何故かと言うと、糖質は、筋グリコーゲンと肝グリコーゲンといってエネルギーに変換されます。筋肉にエネルギーがいかないと、今まで持てていた重量が糖質不足により力が発揮しにくくなります。また、糖質は、脳の唯一のエネルギー源ですので頭が働かなくなり力が発揮できにくくなります。ちなみに、運動をしなさいと指名をだしている場所は、運動野といって(ブローカーの中枢)と言われています。結論は、軽い食べ物を食べないと力が発揮できないという事になります。皆様これらを意識して参りましょう。

全ては皆様の健康の為に。