お尻周りのウエイトトレーニングの選び方

お尻周りのウエイトトレーニングの選び方

ヘルシーボディーは四谷三丁目駅を出まして徒歩1分以内の場所にありますので好立地となっております。新宿のジムをお探しの方はぜひお問合せ下さい。

皆さんこんにちは!ヘルシーボディーの大熊です。今回はジムでお尻周りや脚のトレーニングをするときにどのような種目を選んだら良いかという事について解説していきます。

お尻周りや脚のトレーニング方法はいろいろあります。スクワット、デッドリフト、レッグカール、エクステンション、ランジやヒップスラストなど挙げたらきりがない程存在します。その中で何を選ぶのが効率が良いと言えるのでしょうか?もちろん目的によるのですが効率の良い悪いが多少存在します。個人的にではなく解剖学などの観点から解説したいとおもいます。

まずはお尻周りです。今回はブルガリアンスクワットとヒップスラストを比較していきます。(※この二つのやり方はある程度分かっているものとして進めます)まず結論から申し上げますとブルガリアンスクワットの方をおすすめします。なぜかと言うと負荷がかかるタイミングに注目します。本来筋肉と言うのは伸張性の負荷と言って伸ばされながら力を発揮する事で肥大に繋がると考えられています。(ジムでトレーナーにゆっくり降ろしましょうねと言われるのはそのためです)つまりトレーニングとしては筋肉が伸ばされているポジションで一番負荷が乗っていることが望ましいという事です。

ここで2つを比較してみましょう。ブルガリアンスクワットはしゃがんでいくにつれ負荷が増していきます(しゃがみすぎると負荷がかからなくなりますが)一方でヒップスラストの場合はどうでしょう?重りを上げていき股関節が真っすぐなるタイミングでピークが来ますよね?つまり伸張性の負荷を得るという点においてヒップスラストは効率が悪くなります。そのためお尻周りのトレーニングをするときはブルガリアンスクワットがおすすめと言えます。ただ勘違いしてほしくないのがヒップスラスト=ダメな種目ではないという事です。pofという考えからするとヒップスラストは有効と言えますし、股関節の深層へのアプローチのしやすさからするとブルガリアンスクワットより優れています。目的に沿って行う為にトレーニングを行う側も知識が必要だという事です。

↑先程聞き覚えのないアルファベット3文字が出てきましたがこれもいずれ解説したいと思います。全ては皆様の健康の為に。