冷え性の改善 と食べ物,原因は?

冷え性の改善 と食べ物,原因は?

皆様おはようございます。Healthy Bodyパーソナルトレーニングジムです。新宿でジムをお探しの方、新宿御苑や新宿三丁目でジムをお探しの方はお待ちしております。新宿からもアクセスがいいです。新宿御苑や新宿三丁目からもお越し頂いております。

痛みに対しても改善多数の実績がありますのでお問合せくださいませ。本日は、冷え性の改善方法と食べ物と原因についてご案内致します。

冷え症の改善で大事なのは、身体を温める事に限ります。冷え性は、全身の血流が悪い状態になっています。なるべく温かい食べ物を摂取して頂く事をお勧め致します。日常生活で、冷たい食べ物をお好みであるのであれば、徐々に切り替えていく事が大事になります。身体を温める為のいい食材は、ショウガやゴボウ、ニンジンなどです。しょうがは、新陳代謝を良くする働きがあります。胃液の分泌を良くする為、胃腸を整えてくれます。

冷え性の原因は、自律神経の乱れや不規則な生活でのストレスなどが考えられます。体温を温めストレスを溜めないように運動をする事が大事になります。冷え性は、冬の寒い時期だけではなく、夏にでもなっている方が多いです。

血液循環の悪化も考えられます。血液の中を通っている赤血球は、男性約500万個、女性は、450万個あります。その赤血球、ヘモグロビンは、主に酸素を運搬しています。

ギリシャ語でヘムは=鉄 グロビン=たんぱく質です。その栄養素がたりずに酸素不足により冷え性になっているとも考えられます。

男性より女性に冷え性が多いのは、男性に比べて骨格筋量がすくない事から女性に多いと考えられます。

私が、お勧めするエクササイズは、ふくらはぎを鍛えるトレーニングになります。座っておこなうトレーニングと立っておこなうやり方多数存在します。座っておこなうエクササイズと立っておこなうエクササイズで違いがあります。そのエクササイズも変化を加える事により改善されていきます。

いつも同じ事をおこなっても変わっていきません。なので変化が大事と覚えてみてください。

通常のむくみは、ふくらはにリリースをかけたりストレッチやトレーニングで改善する方が多いです。しかし、むくみは=浮腫といいますが、心臓や腎臓、肝臓、甲状腺の問題で浮腫をおこしている方もいらっしゃいます。例に出しますと、ネフローゼ症候群があります。ネフローゼ症候群は、血液のアルブミンというたんぱく質が尿へ漏れて起こる状態です。

リンパ管が原因で起こることもあります。

一般の浮腫みは、改善できると思いますのでトレーニンングと食事で改善していきましょう。

全ては皆様の健康の為に。