【脱・初心者】ヒップアップの為の正しいスクワットのやり方

皆様おはようございます。

Healthy Bodyパーソナルトレーニングジムです。

新宿でダイエットしたい方、新宿三丁目でダイエットしたい方新宿御苑でダイエットしたい方お待ちしております。

 

下半身の代表的なトレーニングといえばスクワットですよね。

特に女性の方ではヒップアップさせる目的でスクワットをする事も多いと思います。

しかし初心者の方などは、本人はお尻に効くと思ってやっていても

フォームがあまり良く無いケースが多く見受けられます。

そこで今回は、

・お尻に効きそうで効かないフォーム

・お尻に効くフォーム

これらを簡単にですがご紹介していきます。

お尻に効きそうで効かないフォーム

①必要以上にお尻を後ろに突き出す

こちらのフォームはとても良く見かけます。

なんとなくお尻に負担がかかって効きそうな感じのするフォームですが、

実際はあまり効果的ではありません。

むしろお尻を必要以上に突き出す事で上半身が前に倒れすぎてしまい、

脊柱に無理な負担がかかってしまい危険です。

スクワットの大前提として、

ミッドフット(足の真ん中)の真上にバーベルが来る様に動作を行うのが理想的です。

上半身を前傾し、お尻を突き出す事でバーベルの位置が

ミッドフットから外れてしまいます。

しかし足首の硬い人などでお尻を突き出すフォームじゃ無いと

しゃがめない場合もあります。

その場合はバーを担ぐ位置を少し下にする事で

重りをミッドフットの真上に持ってくる事が出来ます。


②足幅を広くする(ワイドスクワット)

こちらもお尻をターゲットにする場合はあまり効果的ではありません。

通常のスックワットは肩幅より少し広いぐらいの足幅で行うのですが、

こちらはさらに1足分づつぐらい広いスタンスになります。

こちらのフォームで効果的に鍛えられるのは内転筋群です。

いわゆる内ももにある筋肉ですね。

内転筋群がうまく使えていないとガニ股や股関節の疾患などの原因に

なってきます。

したがってワイドスクワットを行う事で内転筋群を鍛える事は非常に大事です。

お尻に効かせる為の種目ではありませんが、積極的に取り入れるべきだと思います。

お尻に効くフォーム

まずスクワットでお尻に効かせる為には深くしゃがみ込む必要があります。

全可動域で動作を行う為、フルスクワットとも呼ばれます。

具体的な深さを言うと、

しゃがんだ時の膝の角度が90度になる所、よりも更に深くです。

その為には足幅は狭すぎても広すぎても良く無いので、

肩幅よりも少し広いぐらいに設定します。

しかし、柔軟性の無い方だと深くしゃがんだ際に

骨盤が後傾してしまい(腰が丸まった状態)脊柱に大きく負担がかかるので危険です。

トレーナーさんにフォームチェックしてもらうなどして、

フルスクワットが出来るのかどうか判断してもらいましょう。

 

体験のご予約はコチラ

03-6384-1626

全ては皆様の健康の為に。

#新宿ジム#新宿三丁目ジム#新宿ダイエット#新宿三丁目ダイエット#完全個室#新宿御苑ダイエット