捻挫について

皆様おはようございます。Healthy Body パーソナルトレーニングジムです。新宿で身体を変えたい方、新宿三丁目で身体を変えたい方、新宿御苑で身体を変えたい方お待ちしております。

本日は、捻挫について解説していきます。捻挫は、内反捻挫といって足首を内側にひねる方が多いです。それは、ヒールを履いていて溝にはまったり、急いでいて足首を捻じってしまう方が多くいます。

足の外側に付着している靭帯、前距腓靭帯、後距腓靭帯、踵腓靭帯、前脛腓靭帯、後脛腓靭帯などが損傷されます。特に多く損傷するのが、前距腓靭帯です。靭帯は一度伸び切ってしまうともとに戻らない為トレーニングが重要です。チューブで、足首を背屈(つま先をすねの方に曲げる)したり、小指の方に開いて筋肉の強化が重要です。捻挫した方は、捻挫癖がついていて1回だけではなく2回や3回など繰り返してしまう場合があります。そういった場合は、踵骨と距骨のアライメント(姿勢)が崩れている場合がありますので、もとに戻してあげる事が重要です。

1度損傷から3度損傷までありますが、最初の段階は、RICE処置が肝心です。2~3日して足首の改善がみられない場合は、骨の損傷の可能性がありますので検査する必要があると思います。

最後までブログをみて頂き有難うございました。

体験のご予約はコチラ↓

03-6384-1626

全ては皆様の健康の為に。

#新宿ジム#新宿三丁目ジム#健康ジム#ダイエット新宿#ダイエット新宿三丁目#完全個室#捻挫