更年期障害について

皆様こんにちは。Healthy Bodyパーソナルトレーニンングジムです。新宿で運動したい方、新宿三丁目で運動したい方、新宿御苑で運動したい方お待ちしております。

本日は、更年期障害について解説していきます。40代後半~50代にかけて女性ホルモンのエストロジェンの分泌が停止し、顔面紅潮(ホットフラッシュ)や寝汗が起きている期間を更年期障害といいます。

ホルモンの分泌が減少し、1年間に完全に停止するまでの事をいいます。自覚状態として気分の変調や短期的な記憶障害や集中力の低下などがみられます。

これまでは、ホルモン補充療法がおこなわれていましたエストロゲンやプロゲステロンを臍部にあてていれるような事が行われていましたが、最近では、乳がんや子宮ガン、血栓症など伴うと判明された為に、最低限の量や最短期間で摂取する事が重要視されてきているようです。

閉経後の注意点は、骨粗鬆症のリスクが高くなってくる可能性が高いのでビタミンDを摂取して頂き、そのあとにカルシウムを摂取して頂く事をオススメします。

この更年期障害は自律神経失調症に似ていると言われています。

他の自覚症状として、顔のほてりや脈が速くなる速脈、動悸や息切れ血圧上下、頭痛や耳鳴りが起きてきます。

精神的なものでは、不安やイライラ、うつ、意欲の低下、不眠などが起こります。

他にも、腰や膝での関節痛や目やのどの関節痛などもみられる場合があります。

そこで漢方をオススメします。

漢方の、当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)は、冷え性や生理不順のお悩みがある方にお勧めです。

効果としては、体力虚弱や貧血、めまい、肩こり耳鳴りむくみ立ちくらみ、腰痛などに良いと言われています。

是非試してみて効果がありましたら続けて頂ければいいですし、そうでなければ違う漢方を選んで頂ければと思います。

最後までブログをみて頂き有難う御座いました。

体験のご予約はコチラ↓

03-6384-1626

全ては皆様の健康の為に。

#新宿ジム#健康ジム#新宿三丁目ジム#新宿ダイエット#新宿三丁目ダイエット#漢方#更年期障害#完全個室ジム#新宿御苑ダイエット