睡眠障害について

皆様おはようございます。Healthy Bodyパーソナルトレーニングジムです。新宿でトレーニンングしたい方、新宿三丁目でトレーニンングしたい方、新宿御苑でトレーニングしたい方お待ちしております。

本日は睡眠障害についてご案内していきます。睡眠障害は、なかなか眠りにつかなかったり、適度な睡眠時間が確保できない、朝さわやかに起きられない疾患です。

睡眠がとれないと、免疫力低下をもたらし、繊維筋痛症や慢性痛やうつ病、幼覚、精神病を発症する可能性があります。

70種類の睡眠障害が定義されていますが本日は4つ取り上げていきます。

不眠症・・・眠りにつく事、眠り続ける事が困難だったりします。身体が休養する必要とする十分な時間を眠れなかったりするのが不眠症です。

不眠症は、一度に4週間以内の一時的なものと、1カ月以上夜中に眠れない慢性的なものがあります。

睡眠時無呼吸:寝ている人の気道が一時的に閉じられて、何秒間か酸素供給が途絶える疾患です。

一晩に何十回や何百回も起こり睡眠の質を下げてしまいます。

ナルコレプシー・・・慢性の神経学的な機能障害です。日中の突然の睡眠発作で、夜眠れない事が多く、日中に眠気がきます。また、勉強中や商談中突然おきる場合です。

症状は、数秒から30分続く場合があります。

次に、概日リズム睡眠障害です。勤務時間のシフト変更や夜の睡眠不足や旅行での時差などによって引き起こされます。

過剰な眠気や、反射の低下、極度の疲労を伴う精神機能の悪化です。

長期的な問題では、うつ病や身体的、精神的疾患などが睡眠欠乏によって引き起こされる可能性があります。

自覚としましては、日中の過剰な眠気やイライラ気分のむら

集中力の低下、短期記憶喪失などです。

睡眠習慣を変えたり、運動や食事が大事になります。トレーニングや食事のアドバイスで変化する方もいらっしゃいますのでお問合せくださいませ。

体験のご予約はこちら↓

03-6384-1626

全ては皆様の健康の為に。

#新宿ジム#睡眠障害#新宿三丁目ジム#新宿ダイエット#新宿三丁目ダイエット#筋肉#完全個室#新宿御苑ダイエット