右腰や腰後ろの痛み,後頭部の痛みについて

右腰や腰後ろの痛み,後頭部の痛みについて

皆様おはようございます。新宿で腰痛がある方、新宿三丁目、新宿御苑で腰痛がある方はHealthy Bodyをご利用くださいませ。新宿からアクセス良好です。新宿から多くの方がご来店して頂いております。

腰は、人間の要ですので腰が悪くなると他の所にも影響がでてきます。本日は、右腰の後ろや後頭部の痛みについてお伝え致します。まず腰は、腰椎の1~5までありますが、特に痛みが出やすい場所は、4~5番と言われています。それは何故かというと可動域が一番広いからです。特に骨盤の前傾位の方は腰に負担がかかりやすくなります。こういう方は、太ももが張っていたり股関節のつけねが張っていたりするのでリリース(緩める)事が大事です。また、お腹が使えていなかったりお尻の筋肉が弱くなっている傾向にあります。ですがそれだけの原因だけではないです。筋筋膜の配列に、バックラインという筋配列がありますがハムストリングス(太ももの後ろ)の所がガチガチに固まっている方がいます。ここを緩めると痛みが緩和する方もいます。

腰の痛みは、腰が原因で痛くなっている方は少ないです。他に原因があって痛くなる方がいらっしゃいます。

次に、右腰の痛みについて解説していきます。右腰は、反対の左足の所に原因がある場合があります。筋肉で言うと後脛骨筋や第4の中節骨です。

ここを緩めると痛みが緩和する方もいらっしゃいます。また、自律神経の乱れにより交感神経優位になっている事によっても痛みがでる方もいらっしゃいます。そういう方は、副交感神経優位にすると改善がみられます。

他にもいろいろ原因があります。腰に痛みがある方、どこにいっても改善しない方は一度みさせていただけませんか?

最後に、後頭部の痛みに対してご案内します。後頭部は、背中の後ろの菱形筋(肩甲骨と肩甲骨の間)の筋肉が固くなっている方や目に関わるツボを刺激すると改善される方もいます。首のストレッチを20秒~30秒行う事によっても改善してきます。アウターマッスルでは、ストレッチで改善する部分がありますが、インナーマッスルでは高周波やほぐしたりする事をおすすめ致します。

また、首のトレーニングをする事が大事です。首の上に頭がのっていますが、頭の重さは、成人で1.2キロ~1.6キロあります。その重さに耐えれずに首が痛くなっているかたもいらっしゃいます。それで改善できなければ、他に原因があるという事になります。まずは、このような形でやってみてください。

500円体験がございますので一度足を運んでみてみてください。

全ては皆様の健康の為に。