トレーニングジムで腹筋を鍛える方法

トレーニングジムで腹筋を鍛える方法

当店は四谷三丁目駅から徒歩1分以内の立地となっておりますので新宿でお探しの方はぜひお越しくださいませ。

皆さんこんにちは!ヘルシーボディーの大熊です。今回は腹筋のトレーニングについて解説していきます。

私は腹筋は2種目行っています。シットアップとドラゴンフラッグです。

だいたいこの2つを行うのですが順番はその日の気分で決めています。なぜかと言うとどちらからやってもそれなりに意味があると思っているからです。まずドラゴンフラッグから先に行った場合ですがこれは強度がとても高いので体力が満タンのうちに行う事でしっかりと追い込めるというもので先に行う事があります。日によってもだいぶ変わりますが5セットくらい行っています。1セットの回数ですがそんなに回数がこなせる種目ではない為上がらなくなるまでを1セットとしています。

次にシットアップを先に行う場合ですがこれは怪我のリスクを減らすという意味があります。どういうことかと言うとドラゴンフラッグは強度がものすごく高い分安全により気を付ける必要があります。先にシットアップを行い追い込んでしまえば次のドラゴンフラッグでできる回数が少なくて済みます。その日のコンディションで少しフォームを意識するのが難しいかもと判断される場合は先にシットアップを行います。私は怪我しないことが最優先に考えていますので、ドラゴンフラッグは問題なくできますがシットアップを先に行う事が多いです。

主に行う種目はこの2つですがたまに行う種目を乗せておきます。

・ツイスティングシットアップ

・サイドクランチ

・シットアップ(胸椎屈曲型)

胸椎屈曲型はベンチからみぞおちの部分だけ出してシットアップを行うやり方です。この方法だと腰椎に負荷がかかりませんので腰を守るのに効果的であるといえます。この種目はシットアップ台という特別な台を使用しないと転倒のリスクがあるので気を付けて行うようにしましょう。

なかにはこれらをみて「クランチはやらないの?」という方もいらっしゃるかと思いますがもちろん可動域や腹筋を発達させる事だけで見るなら私もクランチの方がいいのではないかとも思います。しかしクランチを行わない理由は別にあります。その理由もいずれお話ししたいと思います。ではまた。

全ては皆様の健康の為に。