膝の内側痛みについて

皆様おはようございます。Healthy Bodyパーソナルトレーニングジムです。新宿で膝が痛い方、新宿三丁目で膝が痛い方、新宿御苑で膝が痛い方お待ちしております。

本日は、膝の痛みについてご案内していきます。最初に大腿骨という人体で大きい骨と脛骨、腓骨という骨の間に関節軟骨があります。この関節軟骨はプリテオグリカンとコラーゲンからできています。

この関節軟骨は、血管分布がない事によって1度すり減ってしまうと再生されないようになっています。年齢を重ねると関節軟骨がすり減ってきて大腿骨が脛骨にあたり痛みをしょうじてきます。

そこで関節軟骨の代わりにクッションの役割をしているのが筋肉です。この筋肉の成長により痛みを軽減できます。関節軟骨は、プロテオグリカンとコラーゲンでできているので多くの方がコラーゲンを摂取したらいいんじゃないの?と思う方がいらっしゃると思います。

しかし、コラーゲンは深層の線維芽細胞という所まで届かないと効果がでないと言われています。

なので、ドクターにコラーゲン注射を打って頂く事をオススメします。そのあとでトレーニングをする事が重要です。

その初期の段階で重要なのが、SLR(下肢伸展挙上法)です。このやり方は、仰向けになって足を膝を伸ばした状態であげる事です。

そうすると、膝を圧迫されない事によって筋肉をつける事ができます。膝を曲げても痛みがこないとう段階に入りましたら、スクワットやランジやレッグエクステンションなど膝を曲げるトレーニングをいれる事をオススメします。

また、タンパク質も重要です。運動を2~3回行っている方は、体重×1.5グラム程タンパク質を摂取してみてください。

最後までブログをみて頂き有難う御座いました。

膝の痛みがある方はコチラ↓

03-6384-1626

全ては皆様の健康の為に。

#新宿ジム#新宿三丁目ジム#健康ジム#膝痛み#膝痛#新宿ダイエット#新宿三丁目ダイエット#完全個室#新宿御苑ダイエット