繊維筋痛症について

皆様おはようございます。Healthy Bodyパーソナルトレーニンングジムです。新宿で痛みがある方、新宿三丁目で痛みがある方、新宿御苑で痛みがある方お待ちしております。

本日は、繊維筋痛症について解説していきます。繊維筋痛症(FMS)は、筋肉、腱、靭帯、その他の軟部組織における慢性的な疼痛が起こる症候群である。

睡眠障害、神経伝達物質のバランスの乱れ、疲労感や疼痛や圧痛点などがある場合は、繊維筋痛症の可能性があります。

繊維筋痛症の場合は、慢性疲労症候群になっている事が多いです。

これに重なる状態が、むずむず脚症候群や片頭痛、過敏性腸症候群、甲状腺機能低下症、睡眠障害、筋筋膜性疼痛症候群、そして顎関節症などがあります。

自覚的なものには、多発的に圧痛点があったり、全身に広がる移動性の痛み、休憩後のこわばり、体力がなかったりします。

体力がないのは、甲状腺機能低下症の方にも傾向があります。

栄養摂取や十分な睡眠、運動やストレッチ、心のストレスを軽減する事が最も重要です。

本日は、繊維筋痛症のお話でした。

最後までブログをみて頂き有難う御座いました。

体験のご予約はコチラ↓

03-6384-1626

全ては皆様の健康の為に。

#新宿ジム#新宿三丁目ジム#健康ジム#繊維筋痛症#ジム#新宿ダイエット#新宿三丁目ダイエット#新宿痛み#新宿三丁目痛み