疲労からの回復の為の対策

運動疲労からの促進する方法について今回はご案内します。

 

運動後の疲労回復が適切に行わなければ、疲労は蓄積して身体能力を低下させるばかりでなく、慢性疲労を招くことにもなる。

運動後スタティックストレッチが有効的で副交感神経を優位にする為にサウナも有効である。自分でできるケアをしっかりと実施して、疲労からの回復を図って翌日以降に疲れを残さない工夫をする事が重要である。

疲労回復する為のクールダウンの遂行

運動の後に行われるクールダウンは、生理的、代謝的機能を元に戻す事、疲労からの回復を促進する事、スポーツや運動障害を予防する事が目的である。

 

ジョギングの筋の収縮と弛緩をリズミカルに繰り返す事によって筋のミルキングアクション(筋のポンプ作用)を機能させて、静脈還流量を確保する事が挙げられる。

 

静脈還流量の増加は、高強度運動によって生じた疲労物質の除去も促進する。

 

クールダウンする事によって高強度運動後に生じる可能性のある過換気を抑え、結果呼吸性アルカローシスの発生を防ぐ事にも繋がります。

 

遅発性筋肉痛の予防にも繋がります。クールダウンって効果あるの?? | | movement design

 

クールダウン後にストレッチを行う事は、関節可動域を広げ筋肉に感じる不快感を軽減できます。

 

遅発性筋肉痛の予防にも有効であるといわれています。

 

ストレッチは、精神的リラックス効果も期待できます。

 

クールダウンとストレッチだけでは、疲労回復効果は少なくジョギングや有酸素と組み合わせる事によって疲労回復を早める事ができる。

筋力向上の為のトレーニング直後にはストレッチを避けるべきであると言われています。

 

疲労回復とアイシング

クールダウン後に、アイシングによって対象部位を冷却して、末梢の血流量を減少させる事で痛みの軽減、筋痙攣の軽減、代謝の減少や炎症の減少など期待されている。

 効果的なアイシングのやり方|千葉市稲毛区のアール鍼灸整骨院

運動によって生じた筋肉の微細損傷の拡大を最小限に抑えて筋痛を軽減する効果も期待できる。

 

氷嚢やビニール袋に氷を詰めたアイスパックでアイシングを行うが、バケツや大型のポリ袋に水と氷を入れ、それに直接身体部位を浸す方法などもある。

 

また、ストレッチの前、中、後にそれぞれアイシングを併用するクライオストレッチという方法が用いられる。

疲労回復する為のサウナとは?

サウナは、汗と共に疲労物質が排出される。

屋外フィンランドサウナ | 庭の湯

 

身体機能を司る自律神経を整える事によって、筋肉の弛緩が期待され疲労回復効果が期待できます。

 

炎症や酸化ストレスを軽減する事によって後日の身体機能が回復し良いパフォーマンスで運動が可能になります。

 

最後までブログを読んで頂き有難う御座いました。

 

全ては皆様の健康の為に。